資料請求無料 老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

札幌市で月額10万円以下の老人ホーム【おすすめ高齢者施設】

老人ホームの入居を考える時に、年金の範囲内で入れる施設はあるのか?

費用を抑えながらもなるべく設備やサービスが良いホームを探したいという方は少なくないと思います。

札幌市では一般的に、毎月の総額が20万円以上掛かる老人ホームが多い中、今回は月額10万円以下で入れる老人ホームや毎月の費用を抑えられるポイントをまとめてみました。

目次

札幌市で月額10万円以下の老人ホーム

以下から施設の詳しい資料を無料で請求できます。

スクロールできます
施設名月額入居時
中銀ライフケア札幌〔あいの里1・2号館〕7.62万円 ~12万円643万円 ~1,339.5万円
中銀ライフケア札幌〔平岸天神山〕6.16万円 ~10.07万円2,193万円 ~2,719.5万円
敬老園札幌6.78万円 ~21.04万円594万円 ~3,100.8万円
アビターレナーシングホーム3.36万円 ~22.85万円0円
そんぽの家S札幌川下9.61万円 ~15.64万円16.5万円
そんぽの家S札幌青葉9.62万円 ~15.65万円16.5万円
リブウェル石山東8.6万円 ~10.6万円0円 ~8.8万円
リブウェル石山東Ⅱ8.2万円 ~8.3万円12万円 ~12.3万円
リブウェル美園8.6万円 ~10.6万円8.8万円 ~12.8万円
介護老人保健施設リラコート愛全7.24万円 ~17.19万円0円
リブウェル真駒内本町8.2万円 ~8.3万円12万円 ~12.3万円
つばさ北20条6万円 ~15.6万円9.6万円 ~15.62万円
ナーシングホーム ルグラン中の島2号館9.83万円 ~11.15万円14.63万円 ~15.95万円
うるおいの家豊平9.74万円 ~11.06万円18.92万円
うるおいの家真駒内8.7万円 ~9.91万円13.86万円 ~15.07万円
うるおいの家琴似7.11万円 ~7.44万円11.83万円 ~12.16万円
ココロホーム 八軒7.8万円 ~11.36万円10.3万円
介護老人保健施設 アートヒルズ5.55万円 ~27.41万円0円
サン・グレイス3.36万円 ~14.52万円0円
ウェルネス中島5.72万円 ~12.95万円12.72万円 ~22.92万円
有料老人ホーム うるおいの家南の沢6.33万円 ~11.05万円17.81万円 ~23.59万円
うるおいの家手稲曙9.06万円 ~9.61万円13.28万円
パルム札幌中央ホスピス8.1万円 ~12.4万円0円
パルム澄川ホスピス8.1万円 ~12.4万円0円
サービス付き高齢者向け住宅モーニング9.75万円 ~29.4万円0円 ~16万円
喜心7.08万円 ~19.46万円8.16万円 ~10.96万円
かがやき西宮の沢9.17万円 ~19.22万円8.16万円 ~16.96万円
かがやき八軒6.93万円 ~13.04万円7.96万円 ~9.96万円
イニシアグラン札幌イースト5.97万円 ~6.63万円2,982万円 ~4,092万円
イニシアグラン札幌苗穂7.2万円 ~9.44万円3,579万円 ~5,730万円
サービス付き高齢者向け住宅 198札幌9.4万円 ~30.6万円17.7万円 ~27万円
楽居館7.83万円 ~14.7万円14.1万円 ~17.7万円

資料請求・見学お申し込みはここから

\認知症の相談可/

月額利用料=家賃+管理費+食費

老人ホームに入居している間は、毎月『月額費用』を支払うことになります。

この月額費用の内訳は、『家賃』『食費』『管理費』から構成されています。

これらの月額費用の内訳は、施設によって異なります

水道光熱費を家賃に含めていることや、オムツなどの消耗品が介護サービス費に含めまれていることや日用品費として請求されることがあります。

施設の種別やサービスの提供体制、サービスを受ける方の要介護度によって介護サービス費の金額も異なるので、「どのようなサービスにどれくらいの料金がかかるのか?」や「入居する方の状態によって料金がどれくらい変わるのか?」を確認しておくことが必要になります。

月額利用料以外に掛かる費用は「個別料金」

月額利用料以外には、大きく分けて以下の2つの個別料金があります。

介護保険自己負担分(1~3割)

介護サービスを利用するときは、介護保険負担割合証に記載されている利用者負担割合に応じてサービス費用のうち1割から3割までのいずれかが利用者の負担となります。

ただし、給付額減額措置を受けている場合は、そちらが優先されます。

利用者負担割合は、65歳以上の方は1割または一定以上の所得のある場合は2割、特に所得の高い場合は3割となります。

40歳から64歳までの方は1割となります。

その他

水道光熱費、医療費、おむつ代、日用品代、レクリエーション費など。水道光熱費はホームにより管理費に含まれている所があります。

老人ホームの費用を抑える重要なポイント

老人ホームの月額費用を抑えるに際して、一番効果が大きいのが、賃料と管理費です。

賃貸マンションを選ぶのと同じで、新しく、立地がよくて、部屋が広い物件は、どうしても賃料が高くなってしまいます。

建物にお金をかけるホームより、スタッフの育成にお金をかけるホームの方がお勧めです

たとえ施設が多少古くて、部屋がそれほど広くなかったとしても、ホームのスタッフが親切で、ほがらかで、入居者のために一生懸命になっている。

そんなホームを選んだ方がきっと親御さんは快適な暮らしができます。

札幌市で月額10万円以下のおすすめ高齢者施設

より手厚い介護サービスを期待したい方は、人員配置が規定以上の施設を探しましょう

どのような医療機関とどの程度の協力体制を敷いているのかも、施設側に確認しておくことが大切です。

介護付きは入居一時金が高めであるため、それが入居にあたってのネックになりやすいです。しかし、介護付きの中には入居一時金0円の施設もあるので、その場合は初期費用を抑えることができます

つばさ北20条(住宅型有料老人ホーム)

1階には、訪問介護事業所「つばさケア」があり、希望に応じて介護サービスを受けられます。

施設と「つばさケア」は各医療機関と連携して、質の⾼い⽣活援助・介護サービスの提供を⽬指します。近くには北⼤病院をはじめ、他医療機関が複数あり、安心して生活できます。

見守りサービスと安心の介護体制で安全・安心・自由な生活をお送りいただけます。

月額料金9万1000円
賃料3万6000円
管理費1万6000円
火災保険料(1000円)が含まれています
食費3万9000円

\ 資料請求・見学無料 /

グループホームライフケア中央倶楽部

グループホームライフケア中央倶楽部の居室は、全室個室を用意しております。

認知症症状をお持ちの方の生活の質を高く保ち、できる限り自立した生活を営めるようサポートしています。

共同生活に慣れていない方も、自分のペースで生活を送れます。

体調不良などの不安がある際は、各居室に設置しているナースコールの呼び出しボタンを押してください。

24時間常駐しているスタッフがすぐに駆けつます。

月額料金9万7500円
賃料4万円
管理費0円
食費3万9000円
水道光熱費1万8500円

\ 資料請求・見学無料 /

ココファンすみかわ(サ高住)

札幌市に初進出のココファン住宅です。

通所介護支援事業所、訪問介護事業所併設、サービス付き高齢者向け住宅ココファンすみかわです。

60歳以上の方であれば、要介護度の有無に関係なくご入居が可能となっております。

全館バリアフリー・介護の資格を持った職員が24時間常駐という安心・安全な環境の中でお過ごし頂けます。

月額料金8万5000円
賃料5万円
管理費1万7000円
食費1万8000円

資料請求・見学無料

在宅ホスピス札幌北(住宅型有料老人ホーム)

入居の際は、お部屋に使い慣れた家具や家電の持ち込みが可能です。

ご家族や友人との思い出の品を置き、自宅に近い雰囲気のなかでリラックスして過ごせます。

病状などの事情がなければ、介護スタッフや訪問看護師はノックをしてから入室。

プライバシーを確保できるよう、配慮しています。また、入居者様はご家族やご友人といつでもご面会できます。

在宅ホスピス札幌北は病院のように充実した医療サポートを受けながら、ご自宅のようにくつろいで過ごせる居住環境です。

月額料金9万5000円
賃料4万円
管理費2万8000円
食費2万8000円

資料請求・見学無料

コロニラはっさむ(住宅型有料老人ホーム)

外出や外泊などもご自由にしていただけるため、自宅にいた時と同じように暮らしていただけるでしょう。

定期的な状況把握に加えて、入居の方に何かあった時には常駐スタッフが緊急対応をするので安心です。

生活に関わるお悩み事や介護に関する相談にも応じているため、精神的な負担も軽減されます。

心身ともに健やかな生活を可能にする住まいで第二の人生を楽しめます。

月額料金6万2000円〜
賃料3万4000円
管理費1万3200円
食費4万8600円

資料請求・見学無料

見学は複数の施設を比較するつもりでおこなう

予算や立地条件などの条件が合っていたとしても、楽しく安心して生活できるかどうかは本人にとっても家族にとっても重要なポイントです。

一般的に、短期間での利用を想定している施設を除いて、介護施設には長期間に渡って入居することになります。

場合によっては終身で利用することも有り得るので、細かな情報収集は欠かせません。

資料請求を行うことも重要ですが、実際に施設に足を運んで中の様子を見てみないと実態が分からないことは多いので、施設見学は必ずしましょう。

入居後に短期間で退去せずに済むようにするためにも、積極的に施設見学を行いましょう。

>>老人ホームの見学はここが重要

シェアしてね
目次